ファミマTカードを徹底解説!ファミマで3.5%以上還元も!

ファミマTカードイメージ

スポンサーリンク
 

はじめに

ファミマTカードは、コンビニエンスストアのファミリーマートで利用すると非常におトクになるクレジットカードです。

還元率が高くなる曜日や特典をうまく利用することで、たくさんのTポイントを獲得できます。ファミリーマートで買い物をする機会がある、すべての方におすすめできるクレジットカードです。

今回は、そんなファミマTカードの魅力について迫ってみましょう。

ファミマTカードのキャンペーンを公式サイトで見る

ファミマTカードとは

ファミマTカードとは、ファミリーマートとポケットカードが提携して発行しているクレジットカードです。ポケットカードの正式名称は「ポケットカード株式会社」で、東証一部に上場している大企業です。

ポケットカードには、提携カードでファミマTカードがあるほか、自社カードとして「P-oneカード」を発行しています。

リボ払い専用カード

ファミマTカードは、リボ払い専用カードです。

「残高スライド方式」と呼ばれ、支払い残高に対して毎月一定金額を返済していく方法です。リボ払いは残高に対して18%の手数料(利息)がかかります。大きな金額を利用してリボ払いで払っていくと、手数料だけでかなりの金額がかかってしまいます。

しかしファミマTカードの初回手数料は無料ですので、その間に「ずっと全額払い」に変更すれば、その後1回払いと同様に手数料がかからずに利用できます

ファミマTカードの国際ブランド

ファミマTカードJCBイメージ

ファミマTカードの国際ブランドはJCBのみです。残念ながらVISA・MasterCardカードなどの国際ブランドを選ぶことはできません。

JCBは海外で利用できる場所が少ない反面、国内で利用できる加盟店は、他の国際ブランドよりも多いです。また、JCBは東京ディズニーランドのスポンサーとしても有名です。

JCBは国内のエンターテイメント系に強く、国内の利用には一番適しているブランドと言えます。

年会費

ファミマTカードの年会費は無料です。年会費がかかるクレジットカードも多い中で、年会費無料は嬉しい特典です。年会費無料ならお試しで作成するのも抵抗が少ないですね。

なお、ファミマTカードに家族カードはないため、家族で利用したい場合はそれぞれで申し込みをしましょう。

還元率

ファミマTカードは、200円(税込)利用ごとに1ポイントのTポイントが貯まります。つまり還元率は0.5%です。

Tポイントは商品に交換することもできますが、ファミリーマートやTUTAYAなどの店舗で1ポイント1円として利用できますので、お店で利用した方がおトクと言えます。

Tポイントについては、下記で深く解説しています。こちらものちほど、併せてご覧ください。

Tポイント
Tポイントの貯め方・使い方

Tポイントはもっともメジャーな共通ポイントで、国内外含め、貯まる・使えるお店が多くあります。節約・節税に使えるTポイントを使いこなすための攻略法をまとめてみました。

ファミマTカードの通常の還元率は0.5%とあまり高くはないですが、上手にカードを利用することで還元率を高くすることができます。

「カードの日」で毎週火曜・土曜日は還元率アップ

ファミマTカードの通常の還元率は0.5%ですが、毎週火曜日と土曜日にファミリーマートでファミマTカードを使って買い物をすると、200円(税込)ごとにTポイントが3ポイント付与されます。つまり還元率が1.5%になるわけですね。

さらにクレジットカードポイントとして、200円(税込)ごとにTポイントが2ポイント付与されます。さらに還元率が1%プラスされます。

合計すると還元率2.5%となるため、ファミリーマートで買いたいものがある人は火曜日と土曜日を狙って買い物することをおすすめします。

ファミランクで還元率アップ

ファミリーマートでの1ヶ月の利用金額に応じて、翌月の還元率がアップする「ファミランク」という制度があります。具体例を以下に示します。

ファミランク 月間のポイント対象利用金額 還元率
ブロンズ 5,000円未満 0.5%
シルバー 5,000円以上15,000円未満 1%
ゴールド 15,000円以上 1.5%

1ヶ月に15,000円以上利用することは難しいかもしれませんが、火曜日と土曜日にお弁当とお茶を買うなどして600~700円程度利用すれば、シルバー会員になることは難しくなさそうです。

水曜日はレディースデーでポイント2倍

毎週水曜日はレディースデーとなっており、女性がファミリーマートでファミマTカードを提示すると、ポイントが2倍になります。

還元率1%となるため、女性は水曜日に買い物をした方がおトクです。メンズデーがないのが少し残念なところではあります。

25歳以下は還元率アップ

ファミマTカードには「若者応援クレジットポイント」という制度があります。25歳以下の人がファミリーマートでファミマTカードを提示すると、ポイントが2倍になります。金銭的な余裕のない若者には嬉しい特典ですね。

25歳以下の女性が水曜日に買い物をすると、レディースデー特典も加算されるので、還元率1.5%になります。うまく活用していきたいですね。

Tポイントプラスキャンペーンでもっとおトクに

ファミリーマートでは、ファミマTカードを提示することでポイントアップするTポイントプラスキャンペーンが開催されています。

たとえば対象のドリンクを買うと、Tポイントが50ポイントも多く付いてきたりします。

対象の商品は入れ替わりがありますので、Tポイントプラスキャンペーンページで確認してから行くことをおすすめします。

「今お得」対象商品がもっとおトクに

ファミリーマートでは、期間限定で商品が安くなる「今お得」キャンペーンが開催されています。ダイレクトに値引き販売されるので文字どおりおトクなのですが、ファミマTカードを提示することでさらに割引になります。

いまなにが安くなっているかは今お得キャンペーンページで確認できます。カップラーメンやアイスクリームなどが安くなっている場合が多いですね。

ちなみに、ファミリーマートのおトクな支払い方法については下記で深く解説しています。こちらものちほどご覧ください。

ファミリーマート
ファミリーマートのおトクな支払い方法を徹底調査

ファミリーマートのおトクな支払い方法を徹底調査!基本的な支払い方法はもちろん、賢いクレジットカードの使い方やTポイント獲得を視野に入れた支払いテクニックをまとめました。

LINE Payカードとの併用で還元率アップ

ファミマTカードと LINE Payカードを併用することで、還元率をアップさせる方法があります。LINE Payカードとは、事前にチャージした範囲で、国内のJCB加盟店で利用できるプリペイドカードです。

LINE Pay プリペイドカードイメージ

LINE PayカードにチャージできるPOSAカードを、ファミマTカードを利用して購入すると、通常の還元率0.5%がTポイントとして貯まります。LINE Payカード利用での還元率は2%なので、合わせて2.5%の高還元率となります。

POSAカードイメージ

さらに毎週火曜・土曜日のカードの日にはクレジットカードポイントも付与されるので、3%の還元率になります。

LINE PayカードにチャージできるPOSAカードは、1ヶ月に5枚までです。最高額である1万円のPOSAカードを5枚購入・登録したとすると、最高で月5万円までチャージできることになります。

おトクな還元率アップ方法ですが、残念ながらLINE PayカードのPOSAカードは2018年1月15日に販売が終了することが決定しています。そのため、この方法で高還元率を獲得できるのは2018年1月15日までです。

Tポイントはウェルシア(welcia)でおトクに利用

ファミマTカードを使い、ファミリーマートで獲得したTポイントをおトクに利用する方法を紹介します。

ウェルシアで毎月20日に開催される「お客様感謝デー」でTポイントを利用して買い物をすると、1ポイント1.5円として利用できるのです。

ウエルシアイメージ

ウェルシアは食品から日用生活用品まで幅広く取り扱っているので、Tポイントはウェルシアで利用するのがもっともおトクです。

Tカードとしても使える

ファミマTカードは、Tカードとしても利用することができます。

Tポイント提携店でファミマTカードをTカードとして提示し、さらにファミマTカードで決済を行えば、Tポイントの二重取りが可能となります。

またファミマTカードをTポイント提携店で提示すれば、ファミマTカードで貯めたTポイントを使うこともできます。

電子マネーnanacoへのチャージでTポイントが貯まる

ファミマTカードは、電子マネーnanacoにチャージカードとして使用することができ、チャージにより0.5%のTポイントが付与されます。nanacoについては下記で深く解説していますので、のちほど併せてご覧ください。

nanaco
nanacoの使い方と特典をまとめあげ!税金や年金まで払える!

nanaco(ナナコ)は、セブン・カードサービスが提供している電子マネーです。チャージにクレジットカードが使えるため、利用時のポイントと併せて二重取りが狙えます。セブンイレブンで税金や年金の支払いに使える点が大きなメリットで、節税が期待できます。メリットとおトクな使い方をまとめあげます。

Apple Payに対応

Apple Payイメージ

Apple PayはiPhoneなどの端末を利用し、お買い物や公共交通機関の支払いに利用できるサービスです。おサイフケイタイに類似したサービスと言えますね。

Apple Payは日本で2016年10月25日にサービスを開始しました。Apple Payを利用するには、クレジットカード、Suicaカード、プリペイドカードのいずれかを登録しなければいけません。

ファミマTカードは、当初Apple Payに対応していませんでしたが、2017年3月1日から利用可能となりました。ファミマTカードをApple Payに登録するとQUICPayとして割り当てられ、QUICPayの利用できる全国のコンビニやショップで利用することができます。

またApple Pay以外の電子決済サービスとしては、iDも利用することができます。

ETCカードの発行が可能

ETCカードイメージ

ファミマTカードは、ETCカードも年会費無料です。クレジットカードの年会費は無料でもETCカードは有料というカードもある中で、ETCカードの年会費無料は嬉しい特典です。

買い物だけでなく、高速道路の利用でもポイントを貯めることができますね。

利用限度額

ファミマTカードの利用限度額は正式に明記はされていませんが、最初は50万円以下に設定されることが多いようです。

クレジットカードを作成してから半年間は増額の申し込みはできませんが、半年以降はインターネットから増額の申し込みができます。

ただし、年収の3分の1以上は増額できません。

付帯保険はついていない

ファミマTカードには、海外旅行傷害保険も国内旅行傷害保険も付帯していません。

国内で怪我や病気になってしまった場合は健康保険が利用できるため、支払いが高額になるケースは少ないですが、海外旅行では日本の保険が利かないため、支払いが高額になるケースがあります。

海外旅行に行くときには、別の海外旅行傷害保険の付いたクレジットカードを持って行くか、旅行時に空港などで海外旅行傷害保険に加入することをおすすめします。

締日と支払日

ファミマTカードの利用分の締日は、毎月末になっています。支払いの請求日は、翌々月の1日です。

たとえば10月1~31日までカードを利用したとすると、翌々月の12月1日に引き落とされます。

ファミマTカードのメリット

ファミマTカードのメリットについて、改めて以下にまとめてみました。

  • 年会費が無料
  • ファミリーマートで火曜日、土曜日の「カードの日」に利用することで還元率1.5%
  • ファミランクを上げることで還元率アップ
  • レディースデーに女性が利用するか、契約者が25歳以下の方は還元率が2倍に
  • ファミリーマートの「今お得」商品がさらに割引
  • 貯めたTポイントをウェルシアでおトクに利用できる

ファミリーマートで値引きサービスを受けたりTポイントを貯めるなら、必携のクレジットカードと言って良いでしょう。

ファミマTカードのデメリット

ファミマTカードのデメリットについても、以下にまとめてみました。

  • 通常の還元率が0.5%と低い
  • ファミリーマートの利用以外ではあまりメリットがない
  • 付帯保険がない

ファミリーマート以外では、ファミマTカードを使用するメリットは、あまりないかもしれません。

ファミマTカードのサポート情報

ファミマTカード全般のお問い合わせ

受付時間9:00~21:00まで、年中無休。

メールでのお問い合わせ

ファミマTカードサービスデスクへのお問い合わせ

他のクレジットカードとの比較

Tポイントが貯まるYahoo! JAPANカード、Tカードプラスとの比較をしてみました。

カード名 優遇サービス 付帯保険 年会費
ファミマTカード 還元率0.5%
ファミランクで最大1.5倍の還元率
火曜日・土曜日は還元率2.5倍
レディースデーの女性利用、契約者が25歳以下で還元率1%
「今お得」商品がさらに割引
なし 無料
(ETCカードも無料)
Yahoo! JAPANカード 還元率1%
Yahoo!ショッピング・LOHACO利用で還元率3%
月額540円(税込)でプラチナ補償に加入できる
ショッピングガード保険 無料
(ETCカードは税込540円)
Tカードプラス 還元率0.5%
TUTAYAの利用で1.5%~3%還元
TUTAYAランクアップサービスで還元率アップ
オリコ発行のTカードプラスのみ、
海外旅行・国内旅行傷害保険あり
無料
(ETCカードも無料)
※アプラス発行を除く

ファミリーマート利用ならファミマTカード、Yahoo!ショッピング利用ならYahoo! JAPANカード、TUTAYA利用ならTカードプラスがおすすめです。

利用するお店で使い分けると良いですね。

まとめ

ファミマTカードは還元率0.5%ですが、「カードの日」「レディースデー」「今お得」「若者応援クレジットポイント」「ファミランク」を組み合わせることにより、超高還元率を享受できるおすすめのクレジットカードです。

ファミリーマートで買い物する機会が少しでもある方は、ぜひ持っておきたいクレジットカードですね。

私もしっかり活用しています。年会費無料ですし、1枚作っておくと便利ですね。

ファミマTカードのキャンペーンを公式サイトで見る

ファミマTカードのカードスペック

基本情報

カード種別 個人向け一般カード
発行会社 ポケットカード (流通系クレジットカード)
発行可能ブランド
  • JCB
年会費 初年度:無料
2年目以降:無料
ETCカード発行
家族カード発行 不可
解約金 なし
締日 月末
支払日 翌々月1日

ポイント・マイル

基本還元率 0.5%
貯まるポイント Tポイント

電子マネー・決済サービス

チャージ時にポイントが付与される電子マネー
対応決済サービス
  • iD
  • Apple Pay

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯しない
海外傷害治療費用 なし
海外疾病治療費用 なし
海外賠償責任費用 なし
海外救援者費用 なし
海外携行品損害 なし
国内旅行傷害保険 付帯しない

その他

空港ラウンジ 利用不可
プライオリティパス なし
即日発行 不可
主婦発行
学生発行
スポンサーリンク
スポンサーリンク

面白い!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

節約貯金のフィード登録はこちらから

「ファミマTカード」に関連するクレジットカード記事はこちら

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードのメリットとデメリットをまとめあげ!Tポイントを貯めるなら必携!

Yahoo! JAPANカードは、共通ポイントのTポイントが貯まるクレジットカードです。Tカードとしても使えるため、Yahoo!サービス以外の利用でもメリットが大きいカードです。幅広い電子マネーチャージ対応も嬉しいです。メリット・デメリット・おトクな特典をまとめあげます。

Yahoo! JAPANカードは、共通ポイントのTポイントが貯まるクレジットカードです。Tカードとしても使えるため、Yahoo!サービス以外…

2019/1/26

リクルートカード

リクルートカードのメリットとデメリットをまとめあげ!Pontaを貯めるなら必須!

リクルートカードは、リクルートポイントや共通ポイントであるPontaポイントが貯まるクレジットカードです。Pontaポイントを貯めるなら必須とも言えるカードで、幅広い電子マネーチャージ対応も魅力です。2枚発行できる点もポイントのひとつ。メリット・デメリット・おトクな特典をまとめあげます。

リクルートカードは、リクルートポイントや共通ポイントであるPontaポイントが貯まるクレジットカードです。Pontaポイントを貯めるなら必須…

2018/4/24

全てのクレジットカード記事一覧を見る

スポンサーリンク