リクルートカードを徹底解説!2枚発行できて電子マネーにも強い!

リクルートカードイメージ

スポンサーリンク
 

はじめに

クレジットカードを発行する企業と言われて思い浮かべるのは、スーパーや専門店といった小売店、また銀行やカードを専門とする信販会社などですが、世の中には意外な企業もクレジットカードを提供していることがあります。

ここでは人材派遣メディアを中心にフリーペーパーなどを提供するリクルートが発行している、リクルートカードについて解説していきます。見逃せないメリットがたくさんあるクレジットカードですよ!

リクルートカードのキャンペーンを公式サイトで見る

リクルートカードとは

リクルートカードロゴイメージ

リクルートカードを提供するのは、リクナビやタウンワークなどの人材関係を中心に情報誌やフリーペーパー、人材派遣業などを手掛けるリクルートです。

リクナビなどの印象で人材派遣業といった印象がありますが、ゼクシィやR25など女性向け情報誌や、車情報誌であるカーセンサー、じゃらんやホットペッパーと言った旅行、食事関連の情報誌やそれに関連するサービスも提供しており、リクルートカードはそれらのサービスに強いカードとなっています。

選べるカードブランド

選べるカードブランドはJCBVISAMastercardです。三大国際ブランドから選ぶことができます。

リクルートカードJCBイメージ

リクルートカードVISAイメージ

リクルートカードMastercardイメージ

年会費

年会費は安心の永年無料です。発行に際しても、手数料など取られることはありません。

還元率

リクルートカード最大の特徴は、ポイント還元率が1.2%と高く設定されていることです。

一般的に還元率が良いと言われるクレジットカードでも1%程度ですが、リクルートカードは月末の利用料金の1.2%がリクルートポイントとして付与されます。

またじゃらんやポンパレと言ったリクルートが提供するネットサービスを利用すると、通常のポイントに加えて追加ポイントが付与されます。

リクルートポイントはじゃらんやキノギフト、ポンパレと言ったリクルートで使えるほか、共通ポイントのPontaと交換することもできます

電子マネーやプリペイドカードへのチャージ対応

電子マネーイメージ

リクルートカードは電子マネーのチャージにも対応しており、一部のポイントであれば電子マネーのチャージでポイントが加算されます。

加算の対象となるのはJCBであればnanacoとモバイルSuica、VISAとMastercardではそれらに加え、楽天EdyとSMART ICOCAも対象になります。

カードブランド 対応電子マネー
JCB nanaco、モバイルSuica
VISA、Mastercard nanaco、モバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCA

nanacoについては、下記で深く解説しています。こちらものちほど、併せてご覧ください。

nanaco
nanacoの使い方と特典をまとめあげ!税金や年金まで払える!

nanaco(ナナコ)は、セブン・カードサービスが提供している電子マネーです。チャージにクレジットカードが使えるため、利用時のポイントと併せて二重取りが狙えます。セブンイレブンで税金や年金の支払いに使える点が大きなメリットで、節税が期待できます。メリットとおトクな使い方をまとめあげます。

リクルートカードは、2018年4月16日(月)からすべてのカードブランドで、電子マネーへのチャージ時に、ポイント付与の上限が月間30,000円までとなってしまいました。

月間30,000円を超えて電子マネーにチャージしたい場合は、30,000円まではリクルートカードを使い、それ以上は別のカードを使ったほうが良いでしょう。

またauユーザーはどのカードブランドであってもauかんたん決済に登録すれば、au WALLET プリペイドカードへのチャージでもポイントが貯まるようになります。

リクルートカードの1.2%還元に加え、au WALLET プリペイドカード使用時にWALLET ポイントが0.5%還元され、合計還元率1.7%でショッピングが楽しめます。

au WALLET プリペイドカード
au WALLET プリペイドカードの使い方とおトクなチャージをまとめあげ!クレカとの違いも!

au WALLET プリペイドカードは、auがauユーザー向けに発行しているプリペイドカードです。Mastercardブランドなので、クレジットカードと同じように使うことができます。チャージ時と利用時に、ポイントの二重取りが狙えます。メリットとおトクなチャージ方法をまとめあげます。

電子マネーの場合、発行するカードブランドによってポイント付与対象となる電子マネーが異なるので、どのカードブランドでリクルートカードを作って良いのか悩んでしまいますが、ご安心ください。

リクルートカードのキャンペーンを公式サイトで見る

リクルートカードはカードのダブル発行が可能

ダブル発行イメージ

リクルートカードは、カードブランドを変えたダブル発行が可能な希有なクレジットカードです。

JCBで1枚、VISAかMastercardで1枚の組み合わせで発行できます。いずれも年会費は無料なので、最初にJCBで作成し、続いてVISAかMastercardでもう1枚作っておくのがおすすめです。

これで電子マネーへのチャージが、ほぼ網羅できます。もちろん、双方で獲得したリクルートポイントは合算されますのでご安心ください。

Apple Payへの対応

Apple Payイメージ

電子マネーに関連した事例として、VISAとMastercardブランドのみApple Payに対応しています。 JCBは現時点(2017年9月)では未対応となっています。

iPhoneユーザーの方は、1枚はJCB、もう1枚はVISAかMastercardで作っておくと良いかもしれません。

付帯保険が充実

クレジットカードの付帯保険イメージ

リクルートカードの特長として、還元率以外で挙げられることは、年会費完全無料にしては充実の保険が揃っていることです。

旅行損害保険

まず旅行損害保険は、海外旅行が最大2,000万円、国内旅行では最大1,000万円の傷害・携行品破損保険が付いています。 これは両方とも利用付帯であり、リクルートカードを使って旅行代金を支払った場合に適用となります。

他社のクレジットカードは、年会費無料で保険がないことも珍しくないので、大きなメリットであるといえるでしょう。

ショッピング保険

年会費無料では珍しく、ショッピング保険がついています。これはリクルートカードで購入した物品が盗難、もしくは破損した場合に補償される保険です。

保証期間は最大90日、補償額は最大年間200万円となっています。

ETCカードが発行可能

ETCカードイメージ

リクルートカードは、追加カードとしてETCカードの発行ができます。

ETCカードの年会費は無料です。ただし、VISAとMastercardブランドでETCカードを発行した場合、発行の際に新規発行手数料として1,000円が必要になります。

JCBブランドのリクルートカードを発行し、そちらでETCカードを発行すれば手数料無料なので、こちらのほうがおトクです。

家族カードも発行可能

家族カードは年会費、発行手数料共に無料です。JCBは最大8枚、MastercardとVISAは19枚まで発行することが可能です。

締日と支払日

JCB、VISA、Mastercardとも、毎月15日締め、翌月10日払いです。リクルートポイントは支払日翌日の11日に付与されます。

審査基準

リクルートカードの審査基準は緩めで、初めてクレジットカードを作る方や18歳以上の学生の方でも作ることができます。

リクルートカードプラスとは

過去には「リクルートカードプラス」というリクルートカードの上位カードがありましたが、現在は残念ながら募集終了となっています。

年会費が2,000円必要ですが、ポイント還元率が驚異の2%とリクルートカードよりも高く、さらに持っているだけで旅行時の損害保険が適用されるなど、リクルートカードの基本サービスを強化したものでした。

ちなみにリクルートカードプラスはJCB発行のため、Apple Payは現時点(2017年9月)では未対応です。

リクルートカードのメリット

年会費が完全無料

年会費無用イメージ

年会費が完全無料というのは、日常的に使うクレジットカードを求めている方には大きなメリットであると言えます。

その上で、国際三大ブランドと言われるJCB、VISA、Mastercardの3つから選択できますし、電子マネーのチャージにも幅広く対応しているので、使い所に困るということはないでしょう。

還元率の高さ

還元率の高さイメージ

ほかのクレジットカードで「還元率が高い」と呼ばれるカードの多くは基本的に1%程度ですし、還元率が高くなる条件として専用モールの利用や、自社店舗での利用が指定されているケースが多いです。

それに対し、リクルートカードは還元率が1.2%と高めに設定されているので、日常生活で効率良くポイントを貯めることができます。

その上、リクルートが提供するじゃらんやホットペッパーと言ったサービスを使えば、2%から4%、あるいは特定の旅行商品などで10%や20%台の還元率も実現可能です。

保険が手厚い

保険の手厚さイメージ

年会費無料のカードだと保険が付いていない場合が多いですし、付いているカードでも旅行保険のみが最大1,000万円程度というケースも珍しくありません。

それに対してリクルートカードは、最大2,000万円の旅行保険にショッピング保障が付いています

特に海外では保険診療などが摘要されないため、風邪や腹痛などで入院しただけでも、非常に高額な治療費が請求される場合があります。付帯保険があることは重要なのです。

年会費が必要なカードと比べると補償額など見劣りする部分はありますが、年会費無料のクレジットカードの中でこれだけの保険や補償を用意しているカードは珍しいです。

このようにリクルートカードは、リクルートが提供するサービスを利用する方だけではなく、日常的に使うカードを求めている方にもおすすめできるクレジットカードと言えます。

リクルートカードのキャンペーンを公式サイトで見る

リクルートカードのデメリット

リクルートカードはメリットが多い良いクレジットカードですが、デメリットがないわけではありません。

リクルートポイントの使い道が若干少ない

リクルートポイントは共通ポイントのPontaと交換できるので、全く使い道がないというわけではありませんが、交換前のリクルートポイントはリクルート関係のサービスにしか使えません。

複数の共通ポイントへの交換を用意している他社のポイントサービスと比べて、やはり利便性は落ちてしまいます。

また他社のサービスでは「特定加盟店で使えば常に2倍」「関連サービスで使えばポイント10倍」といったサービスを行っていますが、この面でもちょっとしたデメリットがあります。

というのも、リクルートが提供するじゃらんなどの情報予約サイトは、使わない方であればほとんど使わないジャンルが多いからです。

そういった方であればリクルートカードではなく、多少基本還元率が低くても、コンビニなど日常的に使う店舗で還元率が上がるカードを選んだほうが得という場合もありえます。

ちなみに共通ポイントであるPontaポイントの使い方や特徴については、下記で解説しています。

Pontaポイント
Pontaポイントの貯め方・使い方

Pontaポイントは、使えるお店・貯まるお店が豊富な共通ポイントとして知られています。そんなPontaポイントを使いこなすための攻略法をまとめてみました。

他のクレジットカードとの比較

他社のクレジットカードと比較した場合、リクルートカードはやはりその還元率が目を引きます。 たとえば楽天カードであれば100円につき1ポイント(還元率1%)、ニコスカードは1,000円につき5ポイント程度(還元率0.5%)となっています。

たかだか0.2%程度の差、と思いますが、年間を通して使えば使うほどその差は大きなものとなって現れます。

使う金額 リクルートカード(1.2%) 他のクレジットカード(1%)
5,000円 60P 50P
10,000円 120P 100P
50,000円 600P 500P
100,000円 1,200P 1,000P
200,000円 2,400P 2,000P
300,000円 3,600P 3,000P
400,000円 4,800P 4,000P
500,000円 6,000P 5,000P

リクルートカードのサポート情報

リクルートカードは、リクルートがカード発行会社と提携して発行しています。

JCBブランドの発行会社はJCB、VISAとMastercardブランドの発行会社は、三菱UFJニコスとなっています。ですからサポートについては、発行したブランドごと、それぞれの会社に問い合わせることになります。

電話やメールアドレスなどについては変更がなされる場合があるので、利用する際はホームページなどを確認して最新の情報を得るようにしましょう。

JCBブランドの場合

VISA・Mastercardブランドの場合

まとめ

リクルートカードは、リクルート関係のサービスをよく利用する方やリクルートポイントを貯めている方はもちろんのこと、共通ポイントPontaを貯めている方にも最適なクレジットカードです。

基本還元率が1.2%と高いので、どんどんポイントが貯まっていくでしょう。

JCBで1枚、VISAかMastercardで1枚と異なるカードブランドで2枚発行できますし、2枚持てば有名どころの電子マネーへのチャージがほぼ網羅できます。ポイントも合算されますので心配ありません。

いま1枚持っている方も、この機会にもう1枚作ってみてはいかがでしょうか。

リクルートカードのキャンペーンを公式サイトで見る

リクルートカードのカードスペック

基本情報

カード種別 個人向け一般カード
発行会社 リクルートカード (その他クレジットカード)
発行可能ブランド
  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
年会費 初年度:無料
2年目以降:無料
ETCカード発行
家族カード発行
解約金 なし
締日 15日
支払日 翌月10日

ポイント・マイル

基本還元率 1.2%
貯まるポイント リクルートポイント

電子マネー・決済サービス

チャージ時にポイントが付与される電子マネー
  • nanaco (JCB, VISA, Mastercard)
  • 楽天Edy (VISA, Mastercard)
  • モバイルSuica
  • SMART ICOCA
nanacoチャージでポイントが付与されるブランド JCB, VISA, Mastercard
au WALLET プリペイドカードへの直接チャージ 可 (ポイント付与) / Mastercard
auかんたん決済登録 可 (ポイント付与)
対応決済サービス
  • QUICPay
  • Apple Pay

付帯保険

海外旅行傷害保険 利用付帯
海外死亡後遺障害 最高2,000万円
海外傷害治療費用 100万円限度
海外疾病治療費用 100万円限度
海外賠償責任費用 2,000万円限度
海外救援者費用 100万円限度
海外携行品損害 20万円限度
国内旅行傷害保険 利用付帯
国内死亡後遺障害 最高1,000万円
ショッピング保険 海外:最高200万円, 国内:最高200万円

その他

空港ラウンジ 利用不可
プライオリティパス なし
即日発行 不可
主婦発行 不可
学生発行
スポンサーリンク
スポンサーリンク

面白い!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

節約貯金のフィード登録はこちらから

「リクルートカード」に関連するクレジットカード記事はこちら

シェル-Pontaクレジットカード

シェル-Pontaクレジットカードをまとめあげ!貯まるポイントや特典などメリットを網羅!

シェル-Pontaクレジットカードは、昭和シェルの給油でPontaポイントがどんどん貯まるクレジットカードです。Pontaカードとしても使えるので、もちろんPonta加盟店でもポイントを貯めたり使ったりできます。メリット・デメリット・おトクな特典をまとめあげます。

シェル-Pontaクレジットカードは、昭和シェルの給油でPontaポイントがどんどん貯まるクレジットカードです。Pontaカードとしても使え…

2020/12/26

ファミマTカード

ファミマTカードのメリットをまとめあげ!ファミペイに登録できる唯一のクレジットカード!

ファミマTカードは、コンビニのファミリーマートとポケットカードが提携して発行するリボ払い専用のクレジットカードです。一括払いに設定できるのでリボ手数料はかかりません。ファミリーマートの決済ファミペイに登録できる唯一のカードです。メリット・デメリット・おトクな特典をまとめあげます。

ファミマTカードは、コンビニのファミリーマートとポケットカードが提携して発行するリボ払い専用のクレジットカードです。一括払いに設定できるので…

2020/12/26

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードのメリットとデメリットをまとめあげ!Tポイントを貯めるなら必携!

Yahoo! JAPANカードは、共通ポイントのTポイントが貯まるクレジットカードです。Tカードとしても使えるため、Yahoo!サービス以外の利用でもメリットが大きいカードです。幅広い電子マネーチャージ対応も嬉しいです。メリット・デメリット・おトクな特典をまとめあげます。

Yahoo! JAPANカードは、共通ポイントのTポイントが貯まるクレジットカードです。Tカードとしても使えるため、Yahoo!サービス以外…

2020/12/26

全てのクレジットカード記事一覧を見る

スポンサーリンク