Yahoo! JAPANカードを徹底解説!Tポイントが還元率1%で貯まる!

Yahoo! JAPANカードイメージ

スポンサーリンク
 

はじめに

Yahoo! JAPANカードは、インターネット検索以外にもオークションや動画配信サイトなど、インターネット関連サービス事業を手広く行っているYahoo! JAPANブランドのクレジットカードです。

年会費無料でTポイントが貯まるほか、ヤフオク!やYahoo!ショッピングのポイント還元率が上がるなど、おトクなカードとなっています。

スポンサーリンク

発行元会社

Yahoo!ロゴイメージ

Yahoo! JAPANカードは、ワイジェイカード株式会社が提供しています。

ワイジェイとはYahoo! JAPANのことで、ヤフー株式会社のグループ企業となっています。Yahoo! JAPANは筆頭株主であるソフトバンクと関係が強いため、ソフトバンクが提供するプリペイドカードであるソフトバンクカードも提供しています。

メインとなるカードはこの2枚ですが、ワイジェイカードの前身である会社が発行していたKCカードやカードローンの事業も受け継いでいます。ただしこれらは過去に提供したユーザーに対してのサービスで、現在は新規受付を行っていません。

選べるカードブランド

Yahoo! JAPANカードは、JCBVISAMastercardの三大国際ブランドから選ぶことができます。

ゴールドなどの上級カードは設定されておらず、レギュラーカードのみの提供となります。赤と黒、2種類のデザインからカードを選ぶことができます。

赤のYahoo! JAPANカードフェイスイメージ

黒のYahoo! JAPANカードフェイスイメージ

年会費

Yahoo! JAPANカードの本会員カードは、年会費が永年無料です。家族カードも年会費は無料です。

還元率

Yahoo! JAPANカードでは、ショッピング利用でTポイントが貯まります。100円につき1ポイントで、1ポイント1円で使えます。還元率は1%です。

Tポイントは提携サイトで商品と交換できたり、各種ポイントとの交換ができたり、共通ポイント大手なだけあって非常に使い勝手が良いポイントです。

Tポイントについては下記で解説していますので、のちほど併せてご覧ください。

Tポイント
Tポイントの貯め方・使い方

Tポイントはもっともメジャーな共通ポイントで、国内外含め、貯まる・使えるお店が多くあります。節約・節税に使えるTポイントを使いこなすための攻略法をまとめてみました。

電子マネーやプリペイドカードのチャージでポイントが貯まる

Yahoo! JAPANカードは、電子マネーやプリペイドカードのチャージカードとしても優秀です。下記の電子マネーおよびプリペイドカードのチャージカードに使用でき、チャージ金額に応じてTポイントが付与されます。

nanaco
nanacoの使い方と特典をまとめあげ!税金や年金まで払える!

nanaco(ナナコ)は、セブン・カードサービスが提供している電子マネーです。チャージにクレジットカードが使えるため、利用時のポイントと併せて二重取りが狙えます。セブンイレブンで税金や年金の支払いに使える点が大きなメリットで、節税が期待できます。メリットとおトクな使い方をまとめあげます。

au WALLET プリペイドカード
au WALLET プリペイドカードの使い方とおトクなチャージをまとめあげ!クレカとの違いも!

au WALLET プリペイドカードは、auがauユーザー向けに発行しているプリペイドカードです。Mastercardブランドなので、クレジットカードと同じように使うことができます。チャージ時と利用時に、ポイントの二重取りが狙えます。メリットとおトクなチャージ方法をまとめあげます。

au WALLET プリペイドカードへのチャージは、Yahoo! JAPANカードのカードブランドがMastercardであれば、クレジットカードからの直接チャージでもポイントが付与されます。

Apple Payに対応

Yahoo! JAPANカードは、Appleが提供するApple Payにも対応しています。支払方法はQUICPayになるので、QUICPay対応店舗で利用することが可能です。

MastercardとJCBブランドの場合は、アプリやオンラインショッピングの決済にも利用することができます。Touch IDで決済が完了するのは便利ですね。

Apple Payが使えない、ガラケーユーザーやAndroidユーザーの方は、JCBブランドであれば別途QUICPayカードの発行や、QUICPayモバイルの設定もできますので、ご安心ください。

ショッピング補償が付帯

インターネットショッピングイメージ

年会費無料ながら、ショッピングガード保険(動産総合保険)が付帯しています。

ショッピングガード保険とは、Yahoo! JAPANカードを利用して購入した商品が90日以内に盗難に遭ったり破損してしまった場合、限度額100万円、自己負担額わずか3,000円で損害分が補償されるサービスです。

弁護士費用負担まで!プラチナ補償も付けられる

月額490円(税抜)の有料サービスになりますが、全部で18の補償がセットになったプラチナ補償を付けることもできます。

携帯電話の破損から車上あらし、海外旅行のキャンセル料にネット上での売買トラブルに関しての弁護士費用負担など全部で18の補償がセットになったプラチナ補償をつけることもできます。

年間5,000円以上になるので少々高いですが、必要だと思ったら忘れずに付けておきましょう。

Tカードとしても使える

Tカードイメージ

Yahoo! JAPANカードは、Tカードとしても利用することができます。

Tポイント提携店でYahoo! JAPANカードをTカードとして提示し、さらにYahoo! JAPANカードで決済を行えば、Tポイントの二重取りが可能となります。

またYahoo! JAPANカードをTポイント提携店で提示すれば、Yahoo! JAPANカードで貯めたTポイントを使うこともできます。

Yahoo! JAPANカードで貯めたポイントをお店で使う場合は、Yahoo! JAPANのアカウントを取得して、Tカード番号登録が必要です。カードが届いた際に、忘れずに設定しておきましょう。

家族カードもTカードとして使える

Yahoo! JAPANカードは家族カードも発行できますが、こちらもTカードとして使うことができます。ただし、本会員カードと同じように貯まるというわけではありません。

クレジットカードとして利用した際のポイント付与

クレジットカードのショッピング利用額に対して貯まるTポイントについては、請求が行われる本会員のカードに貯まります。

Tカードとして利用した際のポイント付与

提携店にてTカードとして提示した場合は、提示した家族カードにTポイントが貯まります。

Yahoo!ショッピング&LOHACOでポイント優遇

Yahoo!ショッピングイメージ

Yahoo! JAPANカードを使い、Yahoo!ショッピングやLOHACOなどで買い物をすると、通常は1%のポイント還元が、ショッピングで貯まるポイントや優待特典などを併せ、毎日3倍(3%)にもなります。

「5のつく日キャンペーン」なども活用すると、合計7%もTポイント還元となります。

ヤフオク!出品時に本人確認不要

Yahoo! JAPANが提供する、インターネットオークション最大手のヤフオク!に出品する際、Yahoo! JAPANカードに紐付けされたアカウントであれば本人確認が不要になり、手間が省けます。

ETCカードも発行できる

Yahoo! JAPANカードはETCカードも発行できますが、年会費が1枚あたり500円(税抜)かかります。5枚まで発行することができます。

締日と支払日

  • 締日:毎月末
  • 支払日:翌月27日(土日の場合翌営業日)

審査基準

Yahoo! JAPANカードの審査はそこまで厳しくなく、安定した収入がある方であればほとんどの方が通過できるでしょう。配偶者に安定した収入がある専業主婦や、学生でも作ることができます。

ゴールドカードがない点がデメリット

年会費無料で電子マネーチャージにも対応。ショッピング時に保険もあり還元率1%でポイントが貯まる、などなど大きなデメリットは見あたりませんが、強いて言えばゴールドなどの上級カードがないことがデメリットです。

海外旅行保険などで不満があるという方は、他社のゴールドカードなどを持つことも検討しましょう。

Tポイントカードは利用するお店で使い分けるともっとおトク

Tカードとして使えるYahoo! JAPANカードですが、利用するお店によっては自社発行のTカードを対象にした限定キャンペーンや優待を行っていることも多いです。

たとえばファミリーマートをよく利用する方だと、Yahoo! JAPANカードを提示するよりもファミマTカードを提示したほうがおトクです。

独自のランキングによる優待や、対象商品や特定曜日に購入することでポイントアップなど、ファミマTカード独自の特典があります。

他のクレジットカードとの比較

Tポイントが貯まるクレジットカード同士で比較してみました。

カード名 Tポイント還元率 ショッピング保険 年会費
Yahoo! JAPANカード 1% 無料
DCカード Jizile 1.2% 無料
ファミマTカード 0.5% - 無料
Tカードプラス 0.5% 無料
マジカルクラブTカード 0.5% - 無料

DCカード JizileはDCハッピープレゼントポイントという独自ポイントが貯まり、Tポイントに交換する形になります。リボ払い専用カードで、1,000円(税込)利用ごとにポイント付与となります。

年会費が無料で小口利用でもTポイントが貯まりやすいカードとしては、やはりYahoo! JAPANカードが一番となります。

Yahoo! JAPANカードのサポート情報

いずれも、サービスは24時間行っています。

まとめ

Yahoo! JAPANカードは、Yahoo! JAPANの利用者だけではなく、Tポイントを効率よく貯めたいという方にもおすすめなカードです。

ショッピング補償保険も付帯しているので、安心してショッピングが楽しめる点も良いですね。

Tポイントはショッピングでの利用にはじまり、ふるさと納税でも現金同様に使えるため、とても利便性の高い共通ポイントです。

年会費無料ですので、作っておくべきカードのひとつと言えるでしょう。私もしっかり活用しています。

スポンサーリンク

Yahoo! JAPANカードのカードスペック

基本情報

カード種別 個人向け一般カード
発行会社 Yahoo! JAPANカード (その他クレジットカード)
発行可能ブランド
  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
年会費 初年度:無料
2年目以降:無料
ETCカード発行
ETCカード年会費:540円(税込)
家族カード発行
解約金 なし
締日 月末
支払日 翌月27日

ポイント・マイル

基本還元率 1%
貯まるポイント Tポイント

電子マネー・決済サービス

チャージ時にポイントが付与される電子マネー
  • nanaco (JCB、VISA、Mastercard)
nanacoチャージでポイントが付与されるブランド JCB、VISA、Mastercard
au WALLET プリペイドカードへの直接チャージ 可 (ポイント付与) / Mastercard
auかんたん決済登録 可 (ポイント付与)
対応決済サービス
  • QUICPay
  • Apple Pay

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯しない
海外傷害治療費用 なし
海外疾病治療費用 なし
海外賠償責任費用 なし
海外救援者費用 なし
海外携行品損害 なし
国内旅行傷害保険 付帯しない
ショッピング保険 海外:最高100万円, 国内:最高100万円

その他

空港ラウンジ 利用不可
プライオリティパス なし
即日発行 不可
主婦発行
学生発行
スポンサーリンク
スポンサーリンク

面白い!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

節約貯金のフィード登録はこちらから

「Yahoo! JAPANカード」に関連するクレジットカード記事はこちら

ファミマTカード

ファミマTカードのメリットをまとめあげ!ファミペイに登録できる唯一のクレジットカード!

ファミマTカードは、コンビニのファミリーマートとポケットカードが提携して発行するリボ払い専用のクレジットカードです。一括払いに設定できるのでリボ手数料はかかりません。ファミリーマートの決済ファミペイに登録できる唯一のカードです。メリット・デメリット・おトクな特典をまとめあげます。

ファミマTカードは、コンビニのファミリーマートとポケットカードが提携して発行するリボ払い専用のクレジットカードです。一括払いに設定できるので…

2020/12/26

リクルートカード

リクルートカードのメリットとデメリットをまとめあげ!Pontaを貯めるなら必須!

リクルートカードは、リクルートポイントや共通ポイントであるPontaポイントが貯まるクレジットカードです。Pontaポイントを貯めるなら必須とも言えるカードで、幅広い電子マネーチャージ対応も魅力です。2枚発行できる点もポイントのひとつ。メリット・デメリット・おトクな特典をまとめあげます。

リクルートカードは、リクルートポイントや共通ポイントであるPontaポイントが貯まるクレジットカードです。Pontaポイントを貯めるなら必須…

2020/12/26

全てのクレジットカード記事一覧を見る

スポンサーリンク