au WALLET プリペイドカードを徹底解説!クレカだけで支払うより0.5%もおトク!

  • 2018年3月17日更新

au WALLET プリペイドカードイメージ

スポンサーリンク
 

はじめに

au(KDDI)が、auユーザー向けに発行するプリペイドカードがあることをご存じでしょうか。au WALLET プリペイドカードと呼ばれるカードです。

クレジットカードと違い事前チャージが必要で、チャージした金額分だけを使用することができます。

使用時に付与されるポイントは、現金としてプリペイドチャージに使用できたり、auの支払いに使えるなど大変おトクなカードです。auユーザーは、使わないと損するプリペイドカードですよ!

au WALLET プリペイドカードとは

au WALLET プリペイドカード カードフェイス

au WALLET プリペイドカードとは、au(KDDI)がauユーザー向けに発行するプリペイドカードです。

プリペイドカードなので、事前にチャージを行う必要があります。クレジットカードのような締日や支払日といった概念はなく、利用した時点で即時決済となります。ですから残高が足りない場合は、基本的に支払いに使うことはできません。

入会金や年会費は無料、かつクレジットカードと違い発行時の審査などがないので、未成年の方でも申し込みが可能です。ただし条件として「au IDの所有者」である必要があるので、auひかりや携帯の契約者以外は利用することはできません。

同じく自社の契約者向けに発行するプリペイドカードとしては、ソフトバンクのソフトバンクカードがあります。

Mastercard加盟店でクレジットカード同様に使える

Mastercardロゴイメージ

au WALLET プリペイドカードの使い方はとても簡単です。Mastercardブランドのプリペイドカードとなっているので、Mastercardが使えるお店でクレジットカード同様に使うことができます。コンビニや飲食店、海外など幅広い場面で使用することができます。

もちろん、Mastercardに対応したネットショッピングでも利用可能なので、Amazonや楽天でもクレジットカードとして使用することができます

しかしながら、継続課金サービスや電子マネーへのチャージカードとしての使用はできません。利用できないお店は、au WALLET プリペイドカードの利用不可店舗に記載がありますので、活用を検討されている方は確認してみてください。

au WALLET プリペイドカードは使うとポイントが貯まる

WALLET ポイントイメージ

au WALLET プリペイドカードを利用すると、200円(税込)につき1ポイント、WALLET ポイントが貯まります。還元率は0.5%です。

WALLET ポイントはauの携帯電話料金やau WALLETプリペイドカードを利用した際に貯まるポイントで、au WALLET プリペイドカードへのチャージのほか、auの携帯料金への充当やデータチャージの費用として利用することができます。

現金同様に使えることが特徴で、他にも機種変更やオプション品の購入などにも使えますし、KDDIの直営店でのお買い物やauが提供するデジタルコンテンツでの利用も可能です。

ポイントアップ店でau WALLETプリペイドカードを使用すると、さらに0.5%から1%ほどWALLET ポイントが増量されるため、還元率は1%~1.5%になります。

ポイントアップ店(一部)

お店 特典 還元率
セブンイレブン 200円(税込)利用ごと2ポイント 1%
イトーヨーカドー 200円(税込)利用ごと2ポイント 1%
マツモトキヨシ 200円(税込)利用ごと3ポイント 1.5%
ラ・パウザ 200円(税込)利用ごと3ポイント 1.5%
ステーキ宮 200円(税込)利用ごと3ポイント 1.5%
かっぱ寿司 200円(税込)利用ごと3ポイント 1.5%
牛角 200円(税込)利用ごと3ポイント 1.5%
しゃぶしゃぶ温野菜 200円(税込)利用ごと3ポイント 1.5%
はるやま 200円(税込)利用ごと3ポイント 1.5%
GAP 200円(税込)利用ごと3ポイント 1.5%
BIG ECHO 200円(税込)利用ごと3ポイント 1.5%
紀伊國屋書店 200円(税込)利用ごと3ポイント 1.5%
IDEMITSU 200円(税込)利用ごと2ポイント 1%

その他ポイントアップ店は、使えるお店から確認することができます。(スマートフォンはこちらから)

ポイントが貯まることでどうおトクになるのか

これらのお店を利用した際、現金で支払ってしまうと何も残りませんが、au WALLET プリペイドカードで支払いをすると、クレジットカードと同等の還元率でポイントがもらえることになります。

ポイントはau WALLET プリペイドカードのチャージ分として使えるので、現金同様に無駄なく使用することができるのです。

au WALLET プリペイドカードへのチャージ方法

auのスマートフォンから専用アプリ、もしくはau WALLET のWebサイトを開き、チャージをします。

au WALLET プリペイドカードへのチャージイメージ

基本的なチャージ方法としては、下記6種類があります。

  1. クレジットカードでチャージ
  2. auかんたん決済(au携帯電話の支払いと一緒に請求)
  3. じぶん銀行口座からチャージ
  4. WALLET ポイントからチャージ
  5. au WALLET チャージカードからチャージ
  6. auショップやコンビニから現金によるチャージ

これらに加え、auのサービス料金の支払いを銀行、もしくは一部のクレジットカードで設定している方は、auかんたん決済を利用してのオートチャージも設定することができます。

現金を使ったチャージはauの直営店や販売店のほか、ローソンの店頭で行うことができます。ポイントアップ店に入っているセブンイレブンでは行うことができませんので、ご注意を。

1ヶ月のチャージ可能額は最大10万円まで

auとの契約年数や年齢によって、1ヶ月のチャージ限度額に制限が付きます。

  • 12歳以下:1,500円まで
  • 13際~19歳:10,000円まで
  • 20歳以上:10,000円~10万円まで

チャージ限度額は10万円ですが、キャンペーンなどでauがチャージを行った場合は、10万円を超えることがあります。

20歳以上のチャージ限度額は、auとの契約期間やau WALLET プリペイドカードの利用実態により上がっていきます。自分がいくらまでチャージできるのかは、アプリやau WALLET のWebサイトなどで確認しましょう。

1回あたりのチャージの上限額

チャージ方法により、1回あたりのチャージ上限額が決められています。これらを超える金額をチャージしたい場合は、複数回に分けてチャージすることになります。

じぶん銀行、クレジットカード、コンビニ、auショップでのチャージ

1回あたりの上限額:25,000円

auかんたん決済、WALLET ポイントからのチャージ

1回あたり上限額:20,000円

1日あたりのチャージ制限額や回数制限などはありません。

au WALLET プリペイドカードのポテンシャルを最大限に活かす!おすすめのチャージ方法

クレジットカードイメージ

au WALLET プリペイドカードのチャージ方法として、もっともおすすめの方法。それはauかんたん決済を使ったクレジットカードによるチャージです。

クレジットカードからチャージする際のクレジットカードポイントと、au WALLET プリペイドカード使用時のWALLET ポイントの二重取りを目指します。

auかんたん決済に登録可能なクレジットカード

クレジットカード発行元 Mastercardブランド VISAブランド JCBブランド
au WALLET クレジットカード -
セゾンカード
UCカード
MUFGカード
DCカード
NICOSカード
楽天カード
イオンカード
TS CUBICカード
セディナカード

JCBブランドは、次の10カードが対象外です。(アプラス、オリコ、ジャックス、UCS、ライフカード、ゆめカード、VIEW、ポケットカード、日専連、エヌシー)

auかんたん決済に登録できて、クレジットカードポイントも貯まるおすすめのカードをご紹介しましょう。

おすすめのチャージカード

auかんたん決済は携帯電話の利用料金と一緒に請求が行われるので、登録したクレジットカードのポイントが貯まります。おすすめのカードとして、以下の3つのカードをご紹介します。

リクルートカード

リクルートがJCB、および三菱UFJニコスと提携して発行しているクレジットカードです。貯まるポイントはリクルートポイントで、共通ポイントであるPontaポイントに等価交換することができます。

1.2%と高い還元率のクレジットカードで、チャージ時の1.2%+au WALLET プリペイドカード使用時の0.5%、合計1.7%の還元率になります。ポイントアップ店で使えば、2.2%以上の還元率に跳ね上がります。

リクルートカードの使い方や特徴については、下記で解説していますので併せてご覧ください。

リクルートカード
リクルートカードのメリットとデメリットをまとめあげ!Pontaを貯めるなら必須!

リクルートカードは、リクルートポイントや共通ポイントであるPontaポイントが貯まるクレジットカードです。Pontaポイントを貯めるなら必須とも言えるカードで、幅広い電子マネーチャージ対応も魅力です。2枚発行できる点もポイントのひとつ。メリット・デメリット・おトクな特典をまとめあげます。

DCカードJizile

三菱UFJニコスが発行する、年会費無料のリボ払い専用カードです。年会費が完全に無料で、ポイント還元率が1.5%、かつ海外旅行保険やショッピング保険も付いているおトクなカードです。

リボ払い専用カードですが、毎月一括払い設定ができるので安心して使うことができます。

DCカード Jizile
DCカード Jizileのメリットとデメリットをまとめあげ!ポイント交換先の広さが魅力!

DCカード Jizile(ジザイル)は、三菱UFJニコスが発行するリボ払い専用クレジットカードです。年会費無料でポイント還元率が1.5%、ポイント交換先も充実している破壊力があるカードです。毎月5万円までは一括返済できるので、リボ手数料がかかりません。メリット・デメリット・おトクな特典をまとめあげます。

楽天カード

楽天カード株式会社が発行する楽天カードも、auかんたん決済に対応しているクレジットカードです。

楽天ポイントを効果的に貯めることができるカードで、1%の還元率があります。チャージの1%+au WALLET プリペイドカード使用時の0.5%、合計1.5%の還元率になります。楽天のサービスを日常的に利用されている方は、楽天ポイントを貯めるためにauかんたん決済にも登録すると良いでしょう。

楽天カードの使い方や特徴については、下記で解説していますので併せてご覧ください。

楽天カード
楽天カードの本当の還元率から特徴をまとめあげ!楽天ユーザーはマスト!

楽天カードは、共通ポイントである楽天スーパーポイントがザクザク貯まるクレジットカードです。楽天ユーザーには必携のクレジットカードで、街中でのポイントアップ店もどんどん増えています。メリット・デメリット・電子マネーチャージ対応までおトクな特典をまとめあげます。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社のグループ企業であるワイジェイカード株式会社が発行するクレジットカードです。貯まるポイントはTポイントです。

1%の還元率で、チャージ時の1%+au WALLET プリペイドカード使用時の0.5%、合計1.5%の還元率になります。Tポイントを貯めている方やYahoo! JAPANのサービスをよく利用する方は、auかんたん決済にも登録すると良いでしょう。Mastercardブランドで作れば、クレジットカードから直接チャージすることもできます。

Yahoo! JAPANカードの使い方や特徴については、下記で解説していますので併せてご覧ください。

Yahoo! JAPANカード
Yahoo! JAPANカードのメリットとデメリットをまとめあげ!Tポイントを貯めるなら必携!

Yahoo! JAPANカードは、共通ポイントのTポイントが貯まるクレジットカードです。Tカードとしても使えるため、Yahoo!サービス以外の利用でもメリットが大きいカードです。幅広い電子マネーチャージ対応も嬉しいです。メリット・デメリット・おトクな特典をまとめあげます。

なぜクレジットカードからの直接チャージがおすすめではないのか

au WALLET プリペイドカードのチャージはクレジットカードを直接使うことができますが、下記のように制限が非常に多く、複雑です。

直接チャージ可能なクレジットカードが限られる

au WALLETクレジットカード、セゾンカード(VISAもしくはJCB)、MUFGカード(VISA)、UCカード(VISA)、TS CUBICカード(VISAもしくはJCB)、エポスカード(VISA)、その他Mastercardブランドのクレジットカード

直接チャージ可能なクレジットカードの中で、さらにチャージ時にポイントが付くカードが限られる

Orico Card THE POINT(Mastercardブランドのみ)、ライフカード(Mastercardブランドのみ)、ANA Mastercard、Amazonカード、MileagePlusセゾンカードなどのセゾンカード

auかんたん決済はあくまで携帯電話料金の決済なので、クレジットカードポイントが付く引き落としのためのカードが幅広く登録できるため、おすすめなのです。

WALLET ポイントのQ&A

ポイントの確認はどうやってすれば良いの?

専用アプリ、もしくは専用のWebサイトから確認できます。

アプリ
  • iPhone:App Storeから「au WALLET」と検索
  • Android:Google Playから「au WALLET」と検索
Webサイト

アプリはau端末でのみ、インストール可となっています。ガラケーをauで契約し、データ通信はdocomo端末などを格安SIMで使用されている場合は、アプリをインストールしてもうまく動作しません。この場合は、Webサイトから確認するようにしてください。

WALLET ポイントの有効期限は?

ポイントの有効期限は4年となっています。焦るほどではありませんが、ある程度ポイントが貯まったら何かと引き換えるようにすれば、失効してしまうことはまずないでしょう。

WALLET ポイントのその他の使い道は?

WALLET ポイントは、au WALLET プリペイドカードへのチャージやauサービスでの利用以外に、他社ポイントに交換することもできます。

ACCORDIA GOLFポイントプログラムやマツモトキヨシ現金ポイント、スターバックス カードに、1ポイント1円で交換することができます。

もっとWALLET ポイントを貯める方法はないの?

通常の還元率以上のレートでWALLET ポイントを貯めたい場合は、auが運営するネットショッピングサイト「Wowma!」や「au WALLET Market」を活用してみましょう。

還元率が脅威の10%台というサービスもありますし、キャンペーンなども行っているので、auユーザーであればこちらも一度確認してみることをおすすめします。

もしauを解約したらWALLET ポイントや残高はどうなるの?

発行の条件としてau IDの所有が挙げられていますが、発行後にauを解約した場合でもau WALLET プリペイドカードの利用を続けることはできます。

しかし、WALLET ポイントの使用やauかんたん決済でのチャージができなくなるので、利用を続けるメリットはあまりありません。

auもしくはau WALLET プリペイドカードを解約する場合は、事前にWALLET ポイントと残高を使い切ることをおすすめします。

残高を使い切る方法としては、1円単位で購入できるAmazonギフト券を購入する方法がもっともおすすめです。

au WALLET プリペイドカードのメリット

プリペイドカードなのに使用したらポイントが付く

クレジットカードと同様に、使用したらポイントが付きます。200円(税込)ごとに1ポイント、還元率は0.5%です。ポイントアップ店で使用すれば、さらに還元率が跳ね上がります。

クレジットカード単体で使うよりも確実におトク

クレジットカードをそのまま使うよりも、au WALLET プリペイドカードにクレジットカードからチャージして使ったほうが、ポイントの二重取りになるので確実におトクです。

ポイントアップ店も多いので、クレジットカードとau WALLET プリペイドカードをお店によって使い分けるということをしても良いでしょう。

Apple Payに対応

au WALLET プリペイドカードは、Apple Payにも対応しています。

Apple Payは支払い方法としてQUICPayかiDを利用するのですが、au WALLET プリペイドカードの場合はQUICPayに割り当てられ、QUICPay+の支払いに対応したお店で利用することができます。

QUICPayではなく、QUICPay+の対応店でのみ使用することができます。よく行くお店で使えるかどうかは、QUICPayが使えるお店で確認しましょう。

auユーザーなら誰でも使える

au IDを持つauユーザーに発行されるプリペイドカードです。クレジットカードと違い審査などがないため、年齢や職業などを問わず契約者なら誰でも利用することができます。

au WALLET プリペイドカードのデメリット

auユーザーしか使えない

クレジットカード単体で使うよりもおトクなau WALLET プリペイドカードですが、au IDを持つauユーザーしか使うことができない点がデメリットです。

チャージ上限が10万円まで

1ヶ月のチャージ上限額が最大10万円までと定められているので、必然的に1ヶ月で使用できる金額も、最大で10万円までということになります。

そのため大きな買い物をするというよりは、日々の生活の中で少額決済をするときに使えるカードと言えます。身近なお店にポイントアップ店が多いのも、そのためでしょう。

付帯保険や家族カードがない

プリペイドカードなので、家族カードや付帯保険の設定はありません。未成年でもauとの契約さえあれば発行できるので、そこまで困ることはないでしょう。

au WALLET プリペイドカードのサポート情報

紛失や盗難にあった場合やカードを破損してしまった場合などは、問い合わせ窓口に連絡しましょう。

再発行手数料は無料で、残高も自動移行することができます。拾得や紛失の場合、24時間受け付けているのも嬉しいです。

まとめ

au WALLET プリペイドカードは、auユーザー向けのプリペイドカードです。Mastercardブランドが付いているので、クレジットカードと同様に使用することができます。

貯めたポイントはプリペイドチャージなどにも使えて大変便利ですし、何よりクレジットカードを登録したauかんたん決済でチャージすれば、クレジットカードチャージ分とau WALLET プリペイドカード利用分でポイント二重取りができます。

auユーザーなら、利用したほうが確実におトクです。下記のauかんたん決済対応のクレジットカードを作って、現金払いより確実におトクなau WALLET プリペイドカードライフを満喫してみてはいかがでしょうか。

リクルートカード
リクルートカードのメリットとデメリットをまとめあげ!Pontaを貯めるなら必須!

リクルートカードは、リクルートポイントや共通ポイントであるPontaポイントが貯まるクレジットカードです。Pontaポイントを貯めるなら必須とも言えるカードで、幅広い電子マネーチャージ対応も魅力です。2枚発行できる点もポイントのひとつ。メリット・デメリット・おトクな特典をまとめあげます。

DCカード Jizile
DCカード Jizileのメリットとデメリットをまとめあげ!ポイント交換先の広さが魅力!

DCカード Jizile(ジザイル)は、三菱UFJニコスが発行するリボ払い専用クレジットカードです。年会費無料でポイント還元率が1.5%、ポイント交換先も充実している破壊力があるカードです。毎月5万円までは一括返済できるので、リボ手数料がかかりません。メリット・デメリット・おトクな特典をまとめあげます。

楽天カード
楽天カードの本当の還元率から特徴をまとめあげ!楽天ユーザーはマスト!

楽天カードは、共通ポイントである楽天スーパーポイントがザクザク貯まるクレジットカードです。楽天ユーザーには必携のクレジットカードで、街中でのポイントアップ店もどんどん増えています。メリット・デメリット・電子マネーチャージ対応までおトクな特典をまとめあげます。

Yahoo! JAPANカード
Yahoo! JAPANカードのメリットとデメリットをまとめあげ!Tポイントを貯めるなら必携!

Yahoo! JAPANカードは、共通ポイントのTポイントが貯まるクレジットカードです。Tカードとしても使えるため、Yahoo!サービス以外の利用でもメリットが大きいカードです。幅広い電子マネーチャージ対応も嬉しいです。メリット・デメリット・おトクな特典をまとめあげます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

面白い!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

節約貯金のフィード登録はこちらから

「au WALLET プリペイドカード」に関連するプリペイドカード記事はこちら

全てのプリペイドカード記事一覧を見る

スポンサーリンク